JIC英語学校
Philippines Baguio. JIC English School
フィリピンBAGUIO JIC英語学校
       
 
BESA ファンサイト パーソナルサイト BESA AMEBA BLOG BESA JAPA TWITTER

学校基本情報  
       
   
  25
投稿者 JIC
作成日 2015/11/02 (月)
 
Share |
“ ☆日本人クラス ”     jic
こんにちは

学生マネージャーのKENです。

今日は日本人クラスについてチラッと紹介したいと思います。


ここパワースピーキングキャンパスでは火曜日と木曜日、夜の7時40分から8時半まで日本人を対象としたクラスをやっています。

おもにスピーキング、リスニング、ライティング、リーディング、文法、イディオムについて行っています。

そのひとつずつを少し紹介します。

まずスピーキング

これは一例ですが、これは英語でデリバリーをしてみようという企画ですね。

まず、クラス内で練習して希望者は実際にその場で電話してデリバリーを行ったりします。

リスニング




こちらリスニングの資料です。映画を使って穴埋め問題をしたりしています。

前回使ったものはディズニーの映画『美女と野獣』です。その一部を何回も聞いて穴埋めおよびそこで使われている文法を解説したものです。

ライティング
さて、こちらライティング。

5行エッセイのコーナーですね。文章を作成していく上で大事な構成力を一番シンプルな方法で養っていきます。高校卒業して以来、初めて英語に触れるという方が当校には多いため土台から固めていきます。

リーディング

こちらリーディング。日本でも有名なよしもとばななさんの小説『キッチン』の一部を問題にしたものです。ちなみにこちらの資料すべてマネージャーのお手製です。ここにでてくる単語、熟語など今後ためになるものを試行錯誤しながらつくり問題にしたものです。

文法

こちら文法です。よく使う表現で日本人がよく間違えているという文法をフィリピン人の先生を参考にしてつくりました。さぁ、みなさん応えられますでしょうか。

イディオム

最後、こちらイディオム集です。120選のうち、時にはテスト形式、時には板書説明しておこなわれます。



これらは基本的にはひとつのセクションに付き3つずつ資料が用意されています。

すべての資料はマネージャー野口と学生マネージャーのケンがバギオや他国での留学を基に英語に慣れたい日本人向けに作られたものです。

ぜひぜひ、バギオJICにこられるかたは一度はお試しあれ。

以上KENでしたー。

 
  24
投稿者 JIC
作成日 2015/09/09 (水)
 
Share |
“ ☆ズンバDAY ”     jic
こんにちは
PS(パワースピーキング)キャンパスの学生マネージャーのKENです。

更新が遅れてすみません。

ここPSキャンパスでは最近毎週水曜日の夜7時半から8時半まで「ズンバ」を無料で開校しています。ズンバとはエクササイズを含めたダンスで近年日本でも流行りつつあるそうですね。
 
普段勉強漬の生活から少しでも生徒さんのストレスを除くためにフィリピン人のインストラクターを雇って週に一度希望者のみ参加しています。
 


バギオでは早朝に近所の公園で一回20ペソでズンバを習うことができますが、ここJICでは生徒さんは無料で受けることができます。

このズンバアクティビティは先週から実験的に始まったばかりですのでいつまで続くかわかりませんが好評なら今後も続くと思います。今月(9月)いっぱいはこのズンバアクティビティが毎週水曜日にありますので生徒さんはぜひ参加してくださいませ。

 
  23
投稿者 JIC
作成日 2015/07/17 (金)
 
Share |
“ ☆今の学生国籍比率とこの時季バギオへ来る方へ ”     jic
こんにちは。JICパワースピーキングキャンパスの学生マネージャーのKENです。

セミスパルタキャンパスという名前からパワースピーキングキャンパスになってから早一週間たちました。まだまだあまり浸透してませんね

前回のMIKOさんのブログにも思いっきりSemiスパルタキャンパスと書かれていますがパワースピーキングキャンパスなのでみなさまよろしくお願いします。

現在、JICパワースピーキングキャンパスの学生の国籍比率が以下となっております。

パワースピーキングキャンパス全体の学生の数は53人(各国の学生マネージャーを含む)
韓国人39人(74%)
台湾人9人(17%)
日本人5人(9%)
となりました。ついに日本人がマイノリティになりました。
部屋の前で会話する学生たち(左から日本人、台湾人、台湾人、韓国人)

というのも韓国と台湾では夏休みシーズンということで短期の学生さんが多くいます
ただほとんどの学生は夏休みが終わる8月の末に帰ってしまいます

その代わり日本人の学生さんが夏休みになるので今後増えたらいいなぁ(願望)。

そして今後バギオ(そしてJIC)へ来る方は雨をしのぐものや防寒の準備を忘れずにお越しください

というのも、ここ2週間バギオでは雨が続いています。フィリピンは本格的に雨季に入った気がします

今、日本では日射病がでるくらいの温度だと聞きましたが、こちらバギオでは雨が降っている間は上着がないと寒いくらいです。気温は20度を常に下回るのですが標高1500mと高地にあるのでもっと寒く感じます。

今後、バギオに来る方は時季に限らず上着を忘れずに持ってきたほうがいいと思います。

できれば水をはじく上着がよろしいかと。風も強いので傘をさしていても濡れることがあります。その傘も、こちらでも折りたたみ傘も買えますが、日本のしっかりした質の良い折り畳み傘を持ってくることをおすすめします。

ちなみにこの雨季は12月まで続くらしいですね

特に今日は雨のせいで休講になるかどうか危ぶまれましたが、少し臨時のスケジュールを作って授業をしています。

ぼやけていますが先生たちも長袖を着ています。

ただ例え休講になったとしても「メイクアップクラス」といって、その休講になった日の分は違う日に改めて授業は行われますのでご心配なく。(自分の先生が休んだときも同様の処置がとられます)

雨だろうとJICのパワースピーキングキャンパスは寮と学校が一緒なので外に出る必要は無いんですけどね

雨にも負けないパワースピーキングキャンパス。絶賛生徒さん募集中です。

そしてこちら最近こちらを卒業した生徒さんのインタビュー映像です。
なぜか僕もチラッと移っています。

JICでの三ヶ月を終えた生徒さんMANAMIさんのインタビューです

よろしくお願いします

以上KENでした


 
名前アイコン バギオ留学
2015-07-20 20:51
台湾人の生徒さんが増えましたね。日韓以外の生徒さんが増えると、英語を使う機会も増えそうですね。

ところで、今回は長雨でしたが、これは異常気象らしいですね。例年は、雨が降り続いても2~3日で、通常はスコールのような感じの雨が2~3時間降った後は雨は止むようです。今回の雨が異常気象の影響だと聞いて、少し安心しました(苦笑)
本格的な雨期は9月いっぱいらしいので、あと2か月の辛抱ですね・・・
   
 
  22
投稿者 JIC
作成日 2015/07/10 (金)
 
Share |
“ ☆キャンパス名変更のお知らせ ”     jic
今回は掲示板の紹介とJICセミスパルタキャンパス改めパワースピーキングキャンパスの学生マネージャーのKENです。そうですキャンパス名変わったんです

以前のセミスパルタ、IBスパルタというネーミングではそのキャンパスにどういった特徴があるのかさっぱり分からないというデメリットがありました。

今回の名称変更により



・IBキャンパス⇒
Intensive Basicキャンパス = 初級者に特化している

・Semi-Spartaキャンパス⇒Power Speakingキャンパス = スピーキング(英会話)に特化している

・IELTSスパルタキャンパス(は名前は変わらず) ⇒ IELTSテスト対策に特化している

ということがひと目で分かるようになると思います。

もともとセミスパルタキャンパス(現パワースピーキングキャンパス)は
スピーキング(英会話)を伸ばせるキャンパスとして定評がありました。


2014年どの卒業生のデータを調べたところ
94%の生徒がスピーキング力の伸びをテストで証明しています。

ここまでマネージャーTomoからもらった文章をコピペしました。

つまり、僕と同じくこのブログを更新している爽やかな青年、Mikoくんが所属しているキャンパス名がIntensive Basicキャンパスという名前に変わり、同じく爽やかに定評がある僕ことKenがいるキャンパス名はPower Speakingキャンパスという名前に変わりましたことをこのブログでもお伝えします。アイエルツキャンパスは変わらず、そのままです。

どうぞよろしくお願いします
 
  21
投稿者 JIC
作成日 2015/07/03 (金)
 
Share |
“ ☆JICの魅力のひとつクラスチェーンジ!!! ”     jic
題名でのテンションが僕のMAXです。

ということで、こんにちは学生マネージャーのKENです

フィリピンで2つの学校に通った経験と各地域の友達から集めた情報をもとに今日の文章を書きます。

さて今後留学されるかた。想像してみてください

もしマンツーマンの先生と自分の性格が合わなかったらどうしようと。

フィリピン留学のひとつであるマンツーマン授業は大きな利点と大きな不利を持っています。

利点は一対一なので自分にあった授業を受けることができる。

不利な点は先生が駄目自分と合わないケースです。

フィリピンに限らず自分の人生で今まであった先生全員が自分と意気投合なんておそらくなかったのではないでしょうか。

フィリピン留学していた友達の中には先生と喧嘩した人もいれば先生の変更ができないから言いたいことを言うのを我慢したという人もいます。

また「勉強だけだから先生の性格なんて関係ねぇよと思われた方。もしその先生が自分の伸ばしたい分野の教え方を知らない場合どうしますか。

ぶっちゃけ先生の癖にそんなこといくらでもあります

たとえば僕の場合、「TOEIC対策の勉強がしたい」と言ったら「私はTOEICの教え方を知らないから違う勉強しましょう」と言われたことがあります。WTF

リスニングを教えるのが得意な先生ばかりあたってしまってライティングを教えるのが得意な先生が一人もいないとかマンツーマンなのに自分に不利にはたらいてしまったこともあります。

そんなときにその先生で妥協するのか、それともさっさと先生を変えてしまうのか。どちらが自分の英語スキルが伸びるのかは明らかだと思います。


ということで本日紹介するのはこちら↓↓↓

JIC-Semi Spartaキャンパス恒例のクラスチェンジシステムです。
こちらクラスチェンジの風景

僕たちSemi Spartaキャンパスの生徒は週に一度自分たちのクラスを変えることができます。

毎週金曜日の休み時間に事務の前のスペースにて行われています。

一週間の出席率が高い生徒から先生を選んだりグループクラスを追加できたりします。

授業さえまじめに出ていれば機会は平等です

自分が選びたい先生が埋まっていたら残念ながら取れませんが今のところ学校が小規模なのでめったにそんなことが起きません。

夏やすみシーズンになると混んでるんでしょうけども日本の大学生の夏休みの時期とこの学校の大多数を占める韓国人の夏休みは時期が違うので選びたい授業を選べるはずです。(ちなみに7月から8月が韓国人の夏休みの時期です)
ぶれてしまいましたが生徒のスケジュールを管理するHead Teacherです。

SemiSpartaキャンパスはこのように一週間に一度変えることができますが他のJICキャンパス(IBやIELTS)ではテストの成績順がよかった人から変えられるのでそこはご注意ください。

こんなクラスを変えられたり先生を選ぶ権利は当たり前だろと思うかもしれませんが、なかなかそうでもないこともあります。

僕自身クラスを変えられない環境で痛い目にあったことがあるので今回はJICに来て良かった点をあげてみました。

これから学校を選ぶ方には学校選びの際にクラスチェンジが自由にできるという観点からもがこう選びを考えていただきたいと思っています。


以上KENでした

またうちのマネージャーがやっているブログも随時更新されていますのでバギオで生活されているかた、また英語の勉強の仕方を知りたい人は見に来てくださーい
↑こちらうちのマネージャーTOMOこと野口のブログです。

JICの授業風景もまたさりげなくはっていますのでよろしくお願いします。
 
12345
Copyright ⓒ BESA バギオ英語学校協会 All Rights Reserved.